手遅れではない、大人になってからの歯列矯正のご案内

>

大人でも歯列矯正がしたい

ワイヤー矯正

歯科矯正ときいてよく思い浮かぶのがワイヤー矯正でしょう。
銀色のワイヤーを歯にとりつけて行うものです。
期間、費用を鑑みても、一番メジャーな治療法といえます。
ワイヤーのなかでも銀色ではなく、白色のワイヤーで目立ちにくいものもあります。最近は目立たない矯正が増えてきました。
ただし、銀色よりも高額で期間が長くなる傾向があります。

ワイヤー矯正は歯の表につける矯正器具ですが、歯の裏側に装着する矯正器具もあります。
舌側(裏側)矯正というものですが、まったくつけていることがわからないのがメリットです。
ワイヤー矯正は全体的に食事のあと、汚れがつきやすく掃除もしにくいのがデメリットです。
歯科医院にいくと費用と期間を相談できますので、適正なものを選びましょう。

マウスピース矯正

ワイヤー矯正以外にも、マウスピース矯正という方法もあります。

透明なマウスピースなのでつけているのがほぼわかりません。
また自分で自由に取り外しもできるので歯の掃除もしやすいです。
通常、食事と歯磨きのときは取り外します。

この矯正方法は、動かしたい歯列になるまでマウスピースを徐々に交換して整えていくものです。ですので、あまり大きい移動には向いていません。歯科医院と相談しても、適用外になることがあります。

主に前歯の、歯の数が数本未満で部分的に少し整えたいという部分矯正をしたい場合があります。
この場合もワイヤー矯正が一般的ですが、マウスピース矯正を考える余地がでてきます。大きな矯正ではないので矯正期間も短めとなります。


この記事をシェアする