手遅れではない、大人になってからの歯列矯正のご案内

>

矯正の期間についていろいろ

装着前の準備期間

歯科医院に相談にいってからの流れですが、口腔内の検査、治療方針の決定、矯正器具の制作開始などがあります。
そこで少し時間がかかります。
また、大人の歯列矯正ではあごや歯が固まってからの治療なので場合によっては抜歯が必要になることもあります。
子供と違って歯がはえそろってあごの成長もないので、歯の収まる場所がないのです。その場所をあけるために不要な歯を抜くことになります。

抜歯の検討とともに、矯正器具装着前に虫歯の治療もすませておきます。
こうした治療で数か月かかる場合があります。ここは人によって変わってきますね。

器具装着前には結構な下準備が必要となりますが、やっておかなければならないことです。
これらが済んでから実際に歯を動かす動的治療に入ります。

動的治療の期間

矯正方法によって少し装着期間は変わってきます。
もっとも一般的といえる、歯の表側にワイヤーをとりつける方法では、歯並びの程度にもよりますが、およそ1~3年です。
歯の裏側につける矯正方法では、表側よりも少し時間がかかり、およそ3年くらいとなります。
マウスピース矯正は、程度の軽いものが多いので1~2年が目安です。
部分矯正の場合はもっと短いでしょう。
費用としては、60~100万円が一般的です。

器具の装着後も、歯科医院に通院しなければなりません。
最初のころは数週間に一回のペースで見てもらいに行きます。ワイヤー矯正ではワイヤーの調整をしたり、マウスピース矯正では新しいマウスピースに交換したりと、定期的な通院が不可欠です。
時間がたつと頻度が減るようです。


この記事をシェアする