手遅れではない、大人になってからの歯列矯正のご案内

>

歯をしっかり固着させる保定

保定とメンテナンスの期間

歯列矯正は、矯正期間が終わったらそこで終わりというわけではありません。矯正後に後戻りという、歯が元の位置に戻ろうとする現象がおきます。
なので、動かした歯が元の位置に戻らないように保定する期間が必要となります。この保定期間をしっかりとらないと、綺麗な歯列の維持が難しくなります。
通常、歯科矯正器具を外したら、保定用の器具(リテーナー)を装着します。この器具は透明で取り外しが可能なものが一般的です。
正しい位置で固定するためのものなので痛みや違和感はほぼありません。
保定装置の装着期間は1~2年が目安です。
保定装置は一日中つけている必要はありません。夜間忘れずにつけておきます。
保定期間中も、歯科医院には通ってメンテナンスをしてもらいましょう。
動的期間中よりも頻度は少なくてよいでしょう。

早く終わらせたい

矯正期間は1~3年、保定に1~2年かかるというのが目安です。
場合によっては治療が早まったり、遅くなったりすることがあります。
遅くなる場合というのは、まず、保定装置をつけ忘れることがあげられます。
大人の歯列矯正では、歯の矯正後の後戻りが子供よりも強いので、保定をしっかりしておかないと矯正のやり直しとなってしまいます。こうなるともちろん、矯正期間がのびてしまいます。
またワイヤー矯正では歯磨きが難しく、矯正中に虫歯や歯周病にかかってしまうケースがあります。この場合も治療する期間が必要になってしまいます。

逆に早く終わる場合もあります。
歯の移動スピードは個人差がありますし、歯列の乱れの程度によっても期間は変化します。
また、最近は技術が進歩しており、外科手術を用いた矯正法もでてきています。歯科医師の技量は成否だけでなく、期間にも影響しますね。


この記事をシェアする